中小企業が知らないと損をする商工会新着ニュース

補助金・助成金

平成30年度以降のキャリアアップ助成金に係る変更点について(ご案内)

■平成30年度以降のキャリアアップ助成金に係る変更点について(ご案内)

「キャリアアップ助成金」は、非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、
正社員化などの取組を実施した事業主に対して助成金を支給する制度です。
今回の変更では、「無期転換ルール」及び「同一労働同一賃金」に取り組むうえでの支援策も盛り込まれており、本制度を有効に活用することが可能となります。

なお、リーフレットに記載されている内容は平成30年度予算の成立及び雇用保険施行規則の改正が前提のため、今後、変更される可能性があります。

■詳細については厚労省HPをご覧ください。


↓ダウンロードはこちらから

ファイルイメージ

リーフレット


29年度補正予算の概要が発表されました。

<小規模事業者持続化補助金>

小規模事業者が、商工会・商工会議所と一体となって経営計画を作成し、販路開拓に取り組む費用を支援します。
賃上げ等の従業者の処遇改善を実施する事業者について補助上限額を増額
事業承継に向けた取組、生産性向上に向けた取組を実施する事業者を重点支援

補 助 率:2/3
補助上限額:50万円、 100万円 (賃上げ、海外展開、買物弱者対策等)、500万円(将来の事業承継を見据えた共同設備投資等)


さて、具体的にはどうなるか楽しみです。

<IT導入補助金>
中小企業等の生産性向上を実現するため、バックオフィス業務等の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上(売上向上)のためにIT導入支援
(補助額:15万円~50万円、補助率:1/2)。

想定する主なITのイメージ
① 簡易税務・会計処理
② POSマーケティング
③ 簡易決済
④ 在庫・仕入れ管理
⑤ 顧客情報管理・分析 等

大きな変更は
ITツールを導入後の成果(労働生産性の向上率等)の国への報告を義務化
これは頭に入れておくことが重要です。
ものづくり補助金のような報告が発生するようです。

<ものづくり補助金>
ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業
今回は3パターンです。

1.企業間データ活用型(補助上限額:1,000万円/者※、補助率2/3)
【新】複数の中小企業・小規模事業者が、事業者間でデータ・情報を共有し、連携体全体として新たな付加価値の創造や生産性の向上を図るプロジェクトを支援します。

さて、どういうものになるのか公表を待ちましょう。


2.一般型(補助上限額:1,000万円、補助率1/2)※
従来型ですね。


3.小規模型(補助上限額:500万円、補助率:小規模事業者2/3、
その他1/2)
小規模事業者には狙い目です。
持続化補助金との兼ね合いを考えましょう。

【新】専門家を活用する場合 補助上限額30万円アップ(1~3共通)

「認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う」という文言が入りました。
さて、これがどういうことになるのか?
リサーチが必要ですね。


最低賃金及び賃金の引上げに向けた中小企業・小規模事業者支援事業及び障害者雇用安定助成金について(ご案内)

最低賃金及び賃金の引上げに向けた中小企業・小規模事業者支援事業及び
障害者雇用安定助成金について(ご案内)


厚生労働省では、「賃金の引き上げに向けた生産性向上等の労働環境の整備」及び「がん等の反復・継続して治療が必要となる
傷病を負った労働者又は障害のある労働者」の雇用維持を目的として、下記の”助成金制度”を設けています。

1.業務改善助成金
(1)内容
生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内の最低賃金(1,000円未満)を
一定額以上引き上げた場合、その設備投資等の費用の一部を助成する制度です。
(2)取組事例
※詳細な事例は厚労省HPをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/index.html
(3)申し込み及び問い合わせ先
都道府県労働局 雇用環境・均等部 又は 雇用環境・均等室
 http://www.mhlw.go.jp/gyomukaizen/index.html

2.キャリアアップ助成金(賃金規定等改定コース)
(1)内容
全ての労働者又は雇用形態別や職種別など一部の有期契約労働者等を対象に、
基本給の賃金規定等を2%以上増額改定し、昇給させた場合に定額を助成する制度です。
(2)申し込み及び問い合わせ先
都道府県労働局又は各ハローワーク
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html


3.人事評価改善等助成金(新設)
(1)内容
人事評価制度と賃金制度の整備を通じ、生産性の向上、賃金アップ及び離職率の低下を図る事業主に対して定額を助成する制度です。
(2)申し込み及び問い合わせ先
都道府県労働局又は各ハローワーク
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158133.html

4.障害者雇用安定助成金(障害・治療と仕事の両立支援制度助成コース)
(1)内容
傷病や障害の特性に応じた治療と仕事を両立させるための休暇制度及び勤務制度等の導入について計画を作成したうえで、
当該計画に基づき就業規則等を改正し、労働者に適用させた場合に、一定額を助成する制度です。
(2)申し込み及び問い合わせ先
都道府県労働局又は各ハローワーク
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000162833.html


平成29年度早島町中小企業応援事業補助金について(ご案内)

平成29年度早島町中小企業応援事業補助金について(ご案内)

早島町では、町内の中小企業の皆様の活動を応援しています。
今年度から新たに補助金制度を創設しました。
ぜひご活用ください。

■販路開拓事業
岡山県外での見本市・展示会へ出店する場合に
その会場料(小間料)について補助を行います。

■起業家支援事業
当該年度内の企業に係る早島町内での法人設立又は
店舗・事務所を開設する場合に、それに要する経費について補助を行います。


■受付期間
平成29年4月3日~随時受付
※予算の状況により、受付期間中であっても終了する場合があります。


■詳細はこちらから
早島町ホームページ
http://www.town.hayashima.lg.jp/oshirase/1490853886485.html

 (o)


↓ダウンロードはこちらから

ファイルイメージ

早島町中小企業応援補助金チラシ


小規模事業者持続化補助金の追加公募開始

あの、噂の小規模事業者向けホームページやチラシ看板に使える補助金の追加公募がスタートしました!

今回、持続化補助金の追加募集が発表されましたのでお知らせします。
内容としては以下のとおり

1.小規模事業者が、商工会・商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。
2.補助上限額:50万円。
つまり、75万使ったら50万の補助です。
3.受付開始:平成29年4月14日(金)
4.2.受付締切:平成29年5月31日(水)締切日当日消印有効
※期日までにつくぼ商工会で証明書の発行や計画書の確認が必要ですので申請を希望される方今スグご相談ください。

<今回の追加公募からの追加事項>
小規模事業者の円滑な事業承継を進める政策観点から、代表者が高齢(60歳以上)の事業者における事業承継に向けた取り組みの促進や、後継者候補が積極的に補助事業に取り組む事業者へ重点的な支援を図ります。

→つまり、後継者が積極的な新たな取組を支援すると考えて良いでしょうね。


詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.okasci.or.jp/~keieishien/article/index.cgi?c=zoom&id=699

公募要領は
http://www.okasci.or.jp/~keieishien/article/index.cgi?c=download&id=699&i=11

申請書はこちら
http://www.okasci.or.jp/~keieishien/article/index.cgi?c=download&id=699&i=12